商標調査の必要性


商標調査とは、商標登録出願をする前に、

「その商標は識別力を有するのか?」
「他人の出願の商標と同一・類似ではないか?」
「他人の登録商標と同一・類似ではないか?」

などを事前に行う調査のことです。
事前に調査を行わずに出願すると、費用が無駄になってしまう可能性があります。
商標登録出願の際には、専門家による事前調査を行い、確実たる権利化を望みましょう。

調査の依頼は、商標専門の弁理士に行いましょう。
弁理士にも、特許専門、意匠専門、商標専門と得意分野がありますので、
インターネットで検索して、商標が得意な弁理士に依頼したほうが良いでしょう。