なぜ登録をするの?


我が国の商標法は先願主義を採用しています。
先願主義とは、最初に商標登録出願した者に商標権を与えるという主義です。
同じ商標を使っている(使いたいと思っている)者が二人いた場合、
「どちらが先に使い始めたか?」ではなく、

「どちらが先に特許庁に出願したか?」

によって、商標権を与えるということです。
登録をせずに商標を使用していた場合、後から他人にその商標について商標登録出願をされ、
その他人が商標権を得てしまえば、もうその商標は使えなくなってしまうということです。
使用していた商標が使えなくなってしまうことを避けるためにも、商標は適切に登録すべきです。

登録の要件 @使用意思


商標登録を受けるには、その商標を自己の業務に関する商品や役務(サービス)に使用すること、または使用する可能性(使用意思)があることが、商標登録の要件となります(商標法3条1項柱書)。明らかに使用する可能性がないものについては、使用の証拠または使用の予定表等の提示を求める拒絶理由通知を受けることがあります。

また、登録から一定期間使用していない商標は、不使用取消審判で取り消されることもあります。

登録の要件 A識別力を有する商標であること(3条1項各号)


以下の商標は登録できません。 写真
ただし、上記のB〜Dに該当する場合であっても、全国的な周知性を獲得している場合には、
登録を受けることができます(3条2項)。
3条2項の適用を受けるためには、有名であることを証明しなければなりません。
新聞や雑誌などの広告物に掲載された証拠や、テレビCM、
仕入伝票、納入伝票、注文伝票を提出して、周知性を証明します。
また、需要者を対象として商標の認識度アンケートの結果なども証拠になります。

登録の要件 B不登録理由に該当しないこと(4条1項各号)


以下に列挙された商標は、拒絶の理由になります。 写真
写真
13号は、平成24年4月1日施行の法改正により削除されました。